イタリアの人気ワイン バローロをいつか味わってみたいと狙っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。バローロの中で人気の高いワイナリーについて探ってみましょう。

そういえばバローロって、どんなワインですか?

バローロはフランスの英雄ナポレオンが買い占めたり、ローマ法王がフランス国王に寄贈したり、昔からエピソードに事欠かないことから「イタリアワインの王様」と呼ばれるようになりました。
熟成型赤ワインのバローロは、ブドウ品種はネッビオーロのみでできています。
熟成義務は最低38ヶ月(3年)、アルコール度数13%以上と定められています。
全て同じネッビオーロ種から造られていますが、気候風土や育ち方、醸造によって、味わいは微妙に違いがあります。

著名なバローロワイナリーは?

バローロの有名なワイナリーは沢山あって、だいたい12ヶ所ぐらいの名前が挙がりそれぞれに個性があり有名です。その中で特に人気があるのは、以下のワイナリーです。

ラ・スピネッタ

ジョルジュ・リヴェッティによる哲学によって生み出される、ハイスコアの評価を受け続けるバローロとして注目を集めています。

ジュゼッペ・マスカレッロ

正統派バローロを1881年からつくっている老舗ワイナリーです。

フォンタナフレッダ

 

バローロ最大の名門で、品質が非常に安定しています。サクラワインアワード2017 ダブルゴールドを受賞しています。

プルノット

 

伝統派とモダンの両方のいいところをとる造り手で、ロータリーファーメンター(回転発酵槽)での発酵やフレンチオークのバリック(小樽)熟成など、モダンバローロの礎を築いたワイナリーです。

ドメニコ・クレリコ

 

言わずと知れたモダンバローロの立役者で、ポテンシャルではなくバランス重視の考え方でワイン造りをする蔵元です。

ヴィエッティ

 

バローロで、2007年にパーカーポイント100点を獲得しました。現在はアメリカ資本で運営されていて、世界中の注目を集めています。

バストロ・マスカレッロ

 

4世代によって受け継がれてきた家族経営のワイナリーです。

例えば、いくら位からバローロはあるのでしょうか?

高級なワインのイメージが強いバローロですが、最近はモダンタイプのバローロが数多く登場しており、手の届く価格のモダンタイプのものも見つけることができます。
イオンでは人気のバローロが4,980円前後くらいから9,800円くらいまでのお値段になっています。

是非お手頃な一本から、話題のイタリアワイン バローロを楽しんでみてはいかがでしょうか?