ポータブルトイレとは

山田が個人的にナビゲートさせて頂きます!
ポータブルトイレとは、トイレが無いところで便意や尿意を催した時に使用する小型の便器(トイレ)。道路における交通渋滞や登山、災害時などに使用したり、怪我や病気で移動が困難な人が用便などする場合などにも使用する。携帯トイレ(けいたい-)とも言う。また災害時の緊急用の設備にも、簡単に組み立てて設置できるタイプのものが見られる。
以上がwiki抜粋です。有料老人ホームも増えてますが、もちろん病院や在宅介護でもよく利用されています。

福祉用具

障害者の生活・学習・就労と、高齢者、傷病者のの生活や介護、介助の支援のための用具・機器は服用具である。
介護保険法も福祉用具のレンタルや購入の為に存在している。そして、障害者のための福祉用具のうち、例えば補装具、日常生活用具、車いす等については、身体障害者手帳、労働災害補償等により、行政・公的機関から支援・給付されるものがある。
紙おむつなどの消耗品は、介護用品と呼ばれているが、これらも福祉のための製品であり、こうした介護用品も含め、「福祉用品」と呼ぶことの場合もたくさんある。

ポータブルトイレの種類

ポータブルトイレには様々な素材や形があります。使う人の体型や身体の状態に合わせてより合ったポータブルトイレを選ぶことが必須になってきます。また、ベッドから離れられない方や起き上がれない方などはポータブルトイレの利用は困難です。しかし、介助があればベッドを離れられる方にはぴったりのトイレ形式になります。こんな少しの差でポータブルトイレの利用が適合が分かれてしまうので、利用する方の身体状況を把握しておく必要がありそうです。