介護や福祉が必要な人が年々増えてきており、現状に制度が追いついていない様な側面があり、改革が求められていますが、ただ変えればそれで良くなるという類のものではないので、介護や福祉について考えていると暗澹たる気持ちにならざるを得ません。ですが制度の問題と個人の幸福は必ずしも一致しません。サービスを受ける個人としては、サービスがどの様なものか知っておく事で、制度の問題をある程度軽減させ利用する事ができます。

それぞれサービスが異なる介護施設

介護施設で行われるサービスは介護福祉サービスの代表的なものです。そして介護施設は様々なものがあります。代表的なものとして、特別養護老人ホームやグループホーム、デイサービスがあります。特別養護老人ホームはどちらかと要介護度が高い人のためのもので、自主的に何もできない様な人が入所しています。グループホームは自分で身の回りの事をやり、認知症が悪化する事を防ぐといったコンセプトを採用している施設が多いため、ある程度自分で身の回りの事ができる人が入所しています。
またデイサービスはそれらよりも軽度の症状で、自宅から施設へ通う事ができる人を対象としています。施設ではリハビリやQOLの維持に重点を置いた方針がとられていて、自宅でずっといるよりも頭や身体を使うので健康を保ちやすくなります。
他に介護老人保健施設や介護療養型医療施設といったものがあります。これらは全て介護サービスを支える重要な施設であり、サービスには欠かせません。

訪問介護による介護サービス

訪問介護による介護サービスは、今後業界が医療介護費の高騰を防ぐために自宅介護の数を増やす方針の様ですので、需要が高まるそうです。訪問介護は介護職員が利用者の自宅へ赴き、必要なサービスを行うものです。施設で他の人と暮らしているわけではないので、施設とは違ったアプローチを求められます。

福祉用具貸与サービス

福祉用具貸与サービスはベッドや車いすなどを借りたい人のためのサービスです。利用すると、介護保険で費用の大部分を補ってくれるので、とても格安で利用する事ができます。特に介護サービスが急に必要となると何を用意していいのか迷ってしまいますが、店舗へ行けばそういったアドバイスもしてもらえるので、必要になったら必ず利用する事をおすすめします。