浴室を介護リフォームする場合に、様々なポイントがあります。それは何よりも高齢者が入浴をする際に安全に配慮されているかどうかということです。まず、お風呂には当たり前ことですが、裸で入りますから、素足で濡れているところに入ると、やはり滑りやすいので、大きな怪我を一般的な人でもしてしまう可能性はありますし、冬場になれば、更衣所はもちろんお風呂自体も極端に冷気が漂っていますから、やはりこちらも健康に良いとは言い難いのです。特に高齢者になると、足元は加齢で弱っていますし、免疫力も低下していることもあって、病気になりやすいですから、様々な点で「高齢者ファースト」の意識を持ったリフォームが求められます。

実際に注意をしないといけない項目をまとめます。浴室を介護リフォームをする上で特に注意をしないといけない点は次の3点です。

  1. 浴室は床が濡れて滑りやすくなっている→転倒防止
  2. 外気温と湯との温度差による体調不良→外気とお風呂の中の温度差がありすぎることで体調に変調をきたす原因となる
  3. 蛇口の温度調節を間違え内容に配慮する→熱湯で火傷などしないように注意をする

と言うものです。

ここで重要な点は、お風呂に入る時から出るまでにどのような動作があるのかということをしっかり把握しておくということです。つまり、

  • 高齢者の身体状況
  • 浴室までどのように移動をするのか
  • 脱衣室の状況
  • 浴室への移動
  • 浴槽をまたぐ
  • 床が濡れていないで滑りやすい
  • 身体をどのようにして洗うのか

という点がポイントになります。

例えば、足が少し不自由であるのであれば、まずは転倒しないようにするための配慮が必要です。具体的には、段差を低くしてつまづかないようにしたり、あるいは滑りやすい床を滑り止めを施したりするということが考えないといけません。

具体的にはどういう対応が必要かというと、

  • 手すりをつけて、転倒をしないような設備を用意する。
  • 浴室も高齢者が入浴しやすいように段差のないものにする
  • 浴室内と脱衣室の温度差を緩和する。
    浴室と脱衣室に温度差がありすぎると、心筋梗塞や脳梗塞の原因となりますので、浴室に暖房を設置する
  • 浴室の床を滑りにくくする
  • シャワーキャリーで入浴される人のためにシャワーベンチを用意する
  • 寝たきりの人の場合は、リフトを設置する

このように介護をする場合には、介護される人の状況をまず優先的に考えて、介護される人が入力しやすく、かつ、介護する人も介護しやすいような浴室にリフォームをするということが重要です。