ケアハウス

ケアハウスは、軽費老人ホームのA型と非常に似たシステムの施設ですが、唯一異なるのが、介護が必要になった場合には、退室することなく在宅福祉サービスが受けられるというサービスです。軽費老人ホームのA型のような食事提供がありますが、介護が必要となった場合でも、施設を変えることも無く、入居したまま在宅福祉サービスが受けられるということは、入居者にとっては、住み慣れた住居に住み続けることが出来るのですから、心強い事ですよね。

軽費老人ホームのデメリットは、介護が必要となった場合は、他の施設にいかなくてはならないですから、入居しても不安が付きまといます。ケアハウスも、軽費老人ホームの種類になりますが、ケアハウスの方は、身体機能が低下しつつあり、独立及び自立した生活に心配な高齢者に利用してもらう為の施設です。但し、入所の際には、入浴や排泄、洗濯など、日常生活を行うことが出来る方が対象となります。生活費(食費含む)や管理費(家賃等)は、全額自己負担です。事務費については、入所者の所得に応じた負担になります。 利用料は、一般的な軽費老人ホームよりは、多少高くなっているようです。施設、または各市町村によって支払方法や利用料が異なりますので、事前に問い合わせてみましょう。入所の条件に所得制限はありません。

ケアハウスの入居条件を、再度まとめてみましょう。

  • 身寄りがない方や、家庭の事情によりご家族との同居が困難な方
  • 日常生活が、自立している方(入浴や排泄、洗濯など)
  • 集団生活に順応できる方
  • 認知症や伝染する病気を持っていない方
  • 利用料の支払い、及び身元引受人のいる方

となっています。

これからどんどん高齢者が増加していくであろう今日、このような素晴らしいサービスを利用できるケアハウスのような施設が、気軽に利用できるようになることを願わずにはおれません。